昇華やラバーシートその他インクジェットの大型システム、メディアやインク等幅広いご提案【電脳ザウルス】

お気軽にお問い合わせください

TEL0778-51-8578

9:00〜18:00(土日祝日のぞく)

FORMお問い合わせ

24時間受付

商品検索

こちらから商品検索ができます。

お気軽にお問い合わせください

9:00〜18:00(土日祝日のぞく)

3D昇華プレスで皿を作る方法
2017-11-14 20:30:33
3Dプレス機を使って皿を作成します。
昇華プリンタは持っているけど、立体物の加工がわからない方はぜひ見てください。
温度や、時間、加工方法など詳しく記載しました。

3D昇華プレスで皿を作る方法

電源

200V仕様なので200V電源に単独でつないでください。

準備するもの

転写用の皿、転写紙、耐熱テープ、ゴムつき手袋、はさみ (用意する写真)


手順

(1)設定温度を200度にし、8分でセットします。 
ヒーティングボタンを押し、ヒーティングを開始します。200度ですと、温まるまでおおよそ10分程度です。



(2)その間に、転写紙を昇華する皿にセットします。
※転写面は素手で触らないようお気をつけください。油分や水分が付着すると、
転写がうまくいかない場合がありますのでご注意ください。

5mm〜1cmはみ出るくらいにして、耐熱テープで4か所、端をとめます。



転写紙が皿よりも大きいときは、転写紙に切込みを入れます。



(3)設定温度(今回は200度)に達したら、蓋を開け転写機にセットします。
※大変高温になっておりますのでご注意ください。

細長く切った紙を、皿からはみ出るように置きます。



(4)ラバーをセットし、バキュームをかけます。



転写紙のシワを少なくするため、皿の真ん中から端に向かって伸ばします。 



(5)ある程度バキュームがかかったら、蓋を閉めて昇華を開始します。 



(6)昇華が終わったら、皿を取り出し、転写されているか確認します。
※大変高温になっておりますので、転写紙を剥がす際はお気を付けください。

曲面部分は転写すると、多少写真やイラストが伸びる場合があります。
気になる場合、皿の平面部分のみの転写にしてください。

注意事項

 
○こちらは観賞用になります。飲食用途としてはご利用しないようお願いします。
○3Dプレス中は大変高温となっており、素手で触ると危険ですので必ずゴムつき手袋をしてください。

編集キーを入力してください

閉じる     次へ